シミ

シミとは、皮膚の中にメラニンが蓄積されて地肌の色よりも濃く見える部分の事を言います。主に顔や手の甲などの茶褐色斑がそう呼ばれます。
しかしシミにも種類がいくつかあり、それぞれ治療方法が異なります。
一人一人にあったシミ治療を当院ではご提案いたします。
シミなのか肝斑なのか分からない、という場合も是非ご相談ください。
まずは、医師のカウンセリング予約をお待ちしております。

ご予約方法はこちら

当院での治療

  1. がっつりシミ取り
  2. やさしいシミ取り
  3. トーニング

治療比較はこちら

①がっつりシミ取り

  • QスイッチYAGレーザー照射によるシミ取り
  • 輪ゴムで弾かれる程度の痛みあり
  • 照射後2週間のテープ保護が必要
  • 炎症後色素沈着が高確率(約50%)で起こる
  • メイクはテープを貼った上からであれば、当日からOK

料金はこちらへ

更に詳しく

この治療はQスイッチYAGレーザー照射により皮膚のメラニン色素を破壊してシミを取ります。当院では、日本国内で薬事承認を取得した医療機器のStar Walkerを用いて治療を行います。
シミ取りの場合、通常1回のレーザー治療で除去されますが、シミの濃さや範囲によっては2回以上の治療が必要な場合や6か月以降に再発する場合があります。また、レーザー照射後は照射部位へのテープ保護が必要です。合併症として、やけど痕のような炎症後色素沈着が高確率(約50%)で起こります。炎症後色素沈着が起きると、一時的にシミが更に濃くなったように感じますが、3~6か月ほどで自然消退します。また、ハイドロキノン製剤を併用することにより、より早い改善を促すことができます。

②やさしいシミ取り

  • デルマトロンという機器を使い、中周波域の微弱電流でシミを薄く焼き削る治療
  • 低価格
  • 電気が伝わるピリっとした軽い痛みあり
  • メイクしたままで施術可能、テープ保護不要
  • 炎症後色素沈着が起きにくい
  • レーザーで反応しにくい薄いシミに効果的
  • 1回ではシミは取れないため、複数回の治療が必要
  • メイクはすぐOK

料金はこちらへ

皮膚科診療の時間内にも施術可能

  • 平日(木・祝日以外)9:00~12:00、15:30~17:00
  • 土曜日(第4土曜以外)9:00~12:00
  • 上記時間内であれば予約不要です

更に詳しく

この治療はデルマトロンという機械を用いて治療を行います。デルマトロンは、色に反応するレーザー治療と異なり、中周波域の微弱電流を用いて皮膚表面を薄く焼き削る治療法です。表皮のみがターゲットで基底層より下には影響しないため、色素沈着を生じにくいのがメリットです。首のいぼや老人性血管腫にもよい適応です。また、レーザーでは反応しにくい薄いシミにも効くことがあります。ただし、治療回数が必要です。1ヵ月おきに3~5回(もしくはそれ以上)の治療が必要です。
この治療は保険診療の時間内の施術も可能で、その際は予約不要です。平日(木・祝日以外)9:00~12:00、15:30~17:00、土曜日(第4土曜以外)9:00~12:00となります。

③トーニング

  • 弱いQスイッチYAGレーザー照射を行い、メラニンの排出を促す
  • 痛みなし、ダウンタイムなし
  • 肝斑に効果的
  • くすみ改善やハリの向上など、肌質改善にもつながる
  • 1回ではシミは取れないため、複数回の治療が必要
  • メイクはすぐOK

料金はこちらへ

更に詳しく

この治療は、QスイッチYAGレーザー照射により、肝斑や色素性疾患(シミなど)を複数回の治療でダウンタイムなしに改善させることを目的とした治療です。弱いレーザーを照射することにより、皮膚上層のメラニンが反応してターンオーバーによって排出されます。回数を重ねる毎にメラニンが排出されます。当院では、日本国内で薬事承認を取得した医療機器のStar Walkerを用いて治療を行います。
肝斑だけでなく、色素沈着やシミやくすみなどの色ムラも改善できます。毛穴の収縮やキメ・ハリの向上、肌質の改善にも効果的です。1回で全ての症状を改善するのではなく、複数回の治療を継続することにより、少しずつ穏やかに改善していきます。ダウンタイムはありません。治療期間・回数の目安は、1~2週間毎に4~5回が1クールとなります。3~4回目から治療効果がみられる場合が多く、治療の継続により更なる改善が期待できます。

それぞれの治療一覧比較

がっつりシミ取りやさしいシミ取りトーニング
価格¥5500~¥1000~¥10000~
痛み++なし
ダウンタイム++なし
治療回数多くは1回3~5回3~5回
メイクテープの上からすぐOKすぐOK
メリット
  • 1回で終わる
  • 濃いシミ向き
  • 低価格
  • 炎症後色素沈着がおきにくい
  • 薄いシミ向き
  • 皮膚科診療の時間内にも施術可能
  • メイクオフ不要
  • 肝斑の治療
  • 肌質改善にもなる
  • 炎症後色素沈着にも効く
デメリット
  • 2週間テープを貼る必要あり
  • 炎症後色素沈着のリスク高い
治療回数が多い 治療回数が多い